銀行融資よりファクタリングをおすすめする理由

subpage01

資金を調達する方法はたくさんありますが、特にファクタリングがおすすめです。

話題になっているファクタリングの評判の声をいただいています。

実際、現在は中小企業の資金調達方法として一番ファクタリングがおすすめされている状況です。


ファクタリングは債権を買い取って貰うことで現金を支払って貰うことができる、正当な金融取引です。



取引方法によっては売掛相手に通知し、承諾を得なければならないので少々資金調達までに手間暇がかかりますが、総合的に考えるとファクタリングにはおすすめポイントがたくさんあります。例えば、これまでメジャーだった銀行融資の方法よりファクタリングの方がおすすめです。

決済スピードもはやく、審査の柔軟性を考慮しても民間企業の融資サービスを選択する方が増えています。
銀行融資による資金調達方法では銀行と金銭消費賃貸契約を締結し、毎月一定の金額を返さなければいけません。
大企業も利用していますし、個人事業主や中小企業にとってもスタンダードな金融取引方法です。



金利も低く、審査に通れば高額融資も可能で、長期借入ができるところも魅力的なところです。
事業を安定して行いたい、と考える企業にとっても魅力満載ですが、唯一のネックは審査が非常に厳しい点です。特に今は中々審査が通らないことで有名で、ごく一部の企業しか資金を調達することはできません。


しかも担保の負担も大きく、代表者を連帯保証人にするなど人的担保に加え、不動産担保など物的担保も必要とされます。色々なことをひっくるめ、とても難易度が高い資金調達方法です。