なぜ浄水器で水道水を浄化する必要があるか

水道水は、ダムに貯められた水や川の取水堰からの水を浄化して作られます。

その過程で水に含まれている微生物や雑菌を消毒しており、そのときに使用される次亜塩素酸がいわゆるカルキ臭として残留します。水道法には残留塩素についての定めがありますので、一般住宅に供給される水道水には独特の匂いがあるのはこのためです。

匂いの成分は味わいにも直結しますので、水道水が不味いという評価に繋がり、実際にナチュラルミネラルウォーターと飲み比べるとその違いが明らかです。浄水器は、自宅に供給されている水道水に含まれているさまざまな成分を取り除いて、匂いのない美味しい水に変えることができる製品です。

都市部のマンションなど、高架水槽から配水をされている住宅では、特に味の低下が激しいために生活必需品ともなっています。また水道水は基本的に安全とされていますが、浄化する過程において発生する有害なトリハロメタン化合物の存在も知られています。極微量のために人体には影響がないという見方もありますが、そのような成分を含んだ水を日常的に飲用することに抵抗のある人も少なくありません。

水の安全性に強く関心のある人を中心に、浄水器が広く使われている要因ともなっています。浄水器は、きれいな水が飲めるという快適性や、安心安全な水を飲めるという安全性の追求という観点から、今後も大きく需要を伸ばしていくものと考えられています。これから購入しようと考えている人は、性能や価格などの観点から絞り込むことができるウェブサイトを活用し、購入の役に立てると良いでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *