浄水器でえられる効果

蛇口に浄水器を付けると様々な効果を得ることが出来ますが、水道臭さがなくなり有害物質も除去するので安心して飲むことが出来ます。

主に3つの効果があるとされていて、通常の水道水は塩素が含まれているのでビタミンを壊してしまい、野菜やお米を洗うと大切な栄養素もなくなります。浄水器を取り付けると野菜を洗う時や洗米でも塩素を除去した水で洗えるため、栄養素が失われるのを防げます。

塩素濃度が高いとカルキ臭いためまずく感じますし、水道水には2-MIBやジェオスミンという「カビ臭」の原因になる物質が含まれています。これは夏場になると多く含まれるためより臭く感じます。この嫌な臭いの元になる原因になる物質も除去してくれるので、臭くなくなってすっきり飲むことが出来ます。

日本の水道水は世界一安全だと言われていて厳しい水質基準をクリアしていますが、各家庭の蛇口に届くまでには有害物質が入り込んでいる可能性はあります。築30年以上の古い建物だと配管も古くなり内部が錆びていることもあったり、マンションやアパートなどは一度貯水タンクに入れられてから家庭へと供給されますが、このタンクが汚れていることもあって管理がしっかりしていないと不純物が入ったり藻が発生します。

これも除水能力が優れた浄水器だと有害物質が入り込んでいてもしっかりと除去をしてくれるので、安心して水を飲むことが出来ます。効果はそれぞれ各メーカーが発売している浄水器ごとに違うので、購入前にしっかりと確認した方が良いです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *