初心者でもわかる浄水器の選び方

浄水器は様々なメーカーがいろいろなタイプのものを販売しています。

つけてみようと思ってもどれを選べばいいかわからない人もいるのではないでしょうか。浄水器を選ぶときのポイントは、まず蛇口につけるタイプか据え置き型のタンクが別になっているもので、つけやすいほうを選択するということです。

一般的には蛇口につけるタイプのほうが値段的にも安く管理もしやすいのですが、据え置き式のものと比べると浄水能力は多少落ちてしまうケースが多いようです。一方で据え置き式のものはしっかりと浄水ができるのですが、タンクを置く場所を確保しなければならなかったり、価格的にも効果になりやすい傾向があります。

一概にどちらのほうが優れているとはなかなか言えないのですが、管理の手間などを考えると据え置き式のほうが一度設置してしまえば楽かもしれません。なぜなら浄水器は定期的にフィルターなどのカートリッジを交換する必要があります。

据え置き式のものに比べると蛇口につけるタイプは、フィルターカートリッジが比較的小さくなってしまうので、数カ月に一度は交換する必要が出てきます。

据え置き式のものでは機種にもよりますが一年に一度メンテナンスをすればいいという感じで、手間があまりかからないのもメリットです。フィルター交換の手間を惜しまないのであれば、蛇口につけるタイプは値段的にも手ごろですし設置も自分で簡単に出来るのでおすすめです。浄水器を選ぶときは値段と性能を比較して決めていきましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *