ライフスタイルに合わせた浄水器の種類とは

日本の水道水は、浄水場で有害物質が安全基準以下になるまで殺菌消毒されており、生活用水や飲料水として安全に使用できるよう調整されています。

しかし殺菌消毒に使われる塩素や、残留したわずかな有害物質を浄水器を使って取り除く事で、より安全で美味しい水道水を飲む事ができます。

浄水器には様々な種類があり、水道の蛇口に取り付けるだけの蛇口直結型や、キッチンのシンクに設置して使う据え置き型、流し台の下に設置するアンダーシンク型、ポットの中にカートリッジを組み込んであるポット型などがあります。

また、水道配管に設置し、キッチンだけでなく風呂や洗面所など家全体の水を浄水する元栓直結型も存在します。蛇口直結型のメリットは設置が簡単で、比較的安価な事です。コンパクトな本体を蛇口を覆うように取り付けるだけで、キッチンでの作業の邪魔をしません。

量販店で販売しており、値段は2000円から5000円程度が一般的です本格的な浄水を行いたい場合は、据え置き型がおすすめです。キッチンのシンクに設置するタイプで、高性能なろ過機能を持ちます。

設置のための工事は必要ありませんが、シンクに置き場所を用意する必要があります。据え置き型が邪魔な場合、アンダーシンク型浄水器であればキッチンをスッキリと使えます。

その名の通りフィルターをシンクの下に設置するタイプで、浄水性能が高くフィルターも長持ちします。設置の際には工事が必要な場合があるので、本体価格とは別に費用がかかります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *