浄水器で長期的な健康リスクとは

水道水の飲用は不順物やカルキなどが怖くなかなか飲めないという人の多くが、ミネラルウォーターの購入や浄水器の購入を検討しているとよく耳にします。

日本の水道水は基本的に飲用可とされています、浄水場ではろ過、殺菌、消毒をし水道管を伝わり蛇口から吐水されます。

この蛇口から吐水されるまでに水道管の中は無菌状態で届けるために、残留性のある塩素が入っており、この塩素を嫌う方が多いです。昔からよく言われることが多いのが「発がん性物質トリハロメタン」の含有です。

現在ではオゾン殺菌など技術革新、高度浄水整備の導入で大幅に低減しておりますが、物質がゼロという現状になっていないのが実情です。

これの要因から長期的健康リスクを踏まえ、ミネラルウォーターの購入、浄水器の購入を多くの方が検討しています。

まずコスト面から考えると、ミネラルウォーターは2L当たり高くて250円以下、安くて70円以上といった具合に金銭面に視点をおくと大変経済的といえます。

デメリットとしては、やはりスーパーなどで買い物をした時に重たい、ペットボトルの処理がめんどう、切らした時が困る。などが上げられます。

一方浄水器はというと、こちらもコスト面としてまず見てみましょう。安くても3万円から高いもので30万円以上などと様々なものがあります。

高いものと安いものとではろ過材が違いが注目できます。高いものではミネラル分は損なわずに濁りや脱サビ、細菌などの汚れを取り除く高機能フィルターが装着されています。

浄水器は、水をおいしくやわかな口当たりにするのはもちろんのこと、長期的な健康体を考えた時、飲用水に気を配るのはとても重要なセクションといえます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *