浄水器のタイプと効能

家庭用の浄水器は、年々その需要が増えています。

集合住宅の増加や自然食品などの安全を求める風潮から家庭でも気軽に美味しい水を飲みたいとの声から様々なタイプの浄水器が登場しています。一番ポピュラーな物は、蛇口に取り付けカートリッジで水道水に含まれるカルキなどを浄化するタイプです。このタイプにもレギュラーと高除去(様々な有害物質を除去するタイプ)の物に分けられます。

カートリッジの交換は平均して3ヶ月ですが、切り替えタイプの物は、少し寿命が長くなりますし、覗き窓があるものなら自分の目で判断出来るのでより経済的です。最近ポット型のタイプも各社から多くの種類が出ており、ひとつのカートリッジでペットボトル約100本分の浄水可能としているメーカーもあります。

以前はその大きさから冷蔵庫には不向きであるとされ、蛇口タイプに圧されていましたが、その形も改善され、コンパクトで大容量の物が登場したため、人気が復活しました。そして、特筆すべきは、宅配の業者による自然水の宅配システムです。浄水器と言うのでは無いですが、その目的は同じで、器械を貸し出して、常時家庭に居ながら不純物の入っていない美味しい水を飲めるという画期的な方法に人気が集まり、各社が凌ぎを削ってショッピングモールや展示場で実演販売を行っています。

元々は、水道管が長く、老朽化した集合住宅での利用から今日に至った経緯のある浄水器ですが、年々その需要は伸びており、家を新築する際には、水道の蛇口その物が浄水機能を持った物にしたり、また少し高価ではあっても据え置きタイプの物も相変わらず人気があり、使う人の用途に合った浄水器の選択にもかなりの幅があり、選びやすくなった昨今です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *