浄水器を比較するポイント

浄水器を比較する箇所は大体決められていますので、初心者の人はそこを見て判断しましょう。

まずは、値段です。どのくらいの値段なら出せるのかをまずは決めましょう。5千円から1万円ほどになりますので、その辺りにしておくと無難です。2千円や3千円のもありますが、その辺は月額制の物もありますので購入する前にしっかりと確認しましょう。安いと思って購入したら月額制だったという事もあるかもしれません。そして、次はカートリッジ(フィルター)の性能です。

ここは浄水性能に関わってきます。より良いカートリッジを使っている浄水器はしっかりと菌を排除させられますので、綺麗で安全な水になります。これは基本的に値段が高ければ良質になっていきます。また、カートリッジは寿命がありますので、定期的に交換する必要があります。カートリッジの交換にかかる費用も比較しておきましょう。あとは浄水器の設置方法です。浄水器は様々な設置方法があります。メジャーなのが、シンクの上に置いて使う据え置き型か蛇口直結型です。据え置き型が性能が良くて使いやすいですが、場所を取るので広いシンクがなければ使えません。

そのような場合は、シンクの下に設置するアンダーシンク型か蛇口に直接取り付ける蛇口直結型がおすすめです。自分のシンク事情を見て判断すると良いでしょう。浄水器を比較するポイントは値段とカートリッジと設置方法です。初めて買おうと思っている初心者の人はここを見て購入する商品を決めると良いでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *