生活には欠かせない浄水器の比較

食の安全に気を使う人が増えている現代では、水の安全が重要視され、いまでは浄水器を付けていない家庭はほとんどないといっても過言ではないほどきれいな水が求められています。

浄水器の種類は豊富で、設置場所や家族構成、用途により選択肢はさまざまです。浄水器によって有害物質の除去機能にも差があります。除去機能で比較すると、ほとんどの有害物質を除去する据置タイプの性能は安全性が高いとされています。水量も多くフィルタ寿命の長いものが多いため、とくに飲食店や家族が多い家庭で使われています。機能性が高いこともあり価格は、安いものでも3万円前後、高いものでは10~20万円前後までさまざまです。据置型は、より安全な水にこだわる人にとって必要不可欠なものとなっているのです。簡単さで比較してみると、手軽に取り付けられることから、蛇口直結型や蛇口取付型も人気があります。

取り付けに場所を取らず、浄水機能も十分果たしている蛇口用浄水器は、本体もフィルタ価格も手ごろであるためもっとも使われているタイプです。このタイプは、飲用水として使用する場合と、洗い物に使う場合の切り替えも簡単なため、使い分けてフィルタを長持ちさせることができます。また冷蔵庫にきれいな水を冷やしておきたい人には、ポット型が重宝されています。構造も簡単で使いやすく、価格もリーズナブルであるため、一度に大量の飲用水を必要としない人に人気のタイプです。どのタイプも性能や使いやすさを比較しながら日々進化しているため、今後ますます高性能な種類が豊富になっていくと考えられます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *