浄水器のタイプを比較する

浄水器を比較する場合、まず蛇口取り付けタイプ、据え置きタイプ、ポット型タイプなどいくつかのタイプに分けることができるので、それぞれの特徴を比較することから始める必要があります。

蛇口に取り付けるタイプの特徴は、場所を取らないということやカートリッジの交換が簡単であること、比較的安価であることなどを挙げることができます。ただ取り付けに若干手間取ることがあり、流し台が狭く感じたり、蛇口に位置が低くなって使いにくいと感じることがあるかもしれません。

据え置きタイプは、高性能なフィルターが入っていて最も不純物の除去性能に長けています。またカートリッジの交換サイクルが長いという特徴もあります。ただ価格は他の浄水器と比べると高く、設置スペースとも必要になります。

ポット型タイプは、ポットの中にフィルターが入っているタイプです。手軽さから言えば、このポット型が一番手軽で、ポットはそのまま冷蔵庫に入れておくことができて便利です。価格が安いのも人気の秘密となっています。ただフィルターの除去性能はそこそこで、種類もまだそれほど多くはありません。

浄水器のタイプごとに一長一短があるので選ぶのに迷ってしまうかもしれませんが、同じ程度の性能であるなら、あとは予算に合わせて選ぶとか、デザインで選ぶという方法もあります。どのタイプを選んだとしても、結局水道水から直接水を飲むよりも健康的でメリットは大きいので、悩むときはポット型のような手軽なものから初めてみることをおすすめします。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *