浄水器の比較では種類の違いを知る

日本では安全に水道水が飲めます。

水道水をそのまま飲んでお腹を下すなどはないでしょう。ただ必ずしもおいしいとは言えません。水道局から各家庭に水道管を通して水が送られますが、その間に腐敗しないように一定の殺菌がされています。殺菌の成分が残っているので、カルキ臭を感じます。

人体に影響はないとされていますが、長く飲み続ければ健康に問題が出るのではと不安に感じるでしょう。そこで利用するのが浄水器です。水道水から色々な成分を除去してくれます。浄水器といえば蛇口に取り付けるものを想像する人が多いかもしれません。テレビコマーシャルでも良く見かけます。

しかし実際に比較しようとするとその他にもタイプがあります。どのタイプがそれぞれの家庭に適しているのかを考えるのが良いでしょう。蛇口に取り付ける浄水器だと蛇口から出る水が浄水された状態になります。洗い物などでは必ずしも浄水は必要ないでしょう。

となると浄水コストが無駄になるかもしれません。比較すると飲料専用に適したタイプがあります。ポットタイプは、ポットの中に浄水器がついていて、水道水を入れていると浄水できるタイプです。冷蔵庫にそのまま入れて冷やしたり、テーブルなどにおいて簡単に飲むことができます。

より高機能な浄水器を利用したいならアルカリイオン水などを作れる据え置きタイプを選ぶと良いかもしれません。浄水した上で健康効果を付加してくれます。比較をするときには求めている機能とコストを考慮する必要があります。それぞれカートリッジの寿命などが異なります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *