有害物質を除去する人気の浄水器とは

古い水道管には鉛が使われています。

この鉛が溶けだすと、脳や腎臓、神経系、赤血球に深刻なダメージを与えるために、現在は鉛を使った水道管は使用され無くなったのですが、しかし鉛を使った水道管は全国の4分の1を占めていると言われています。

そう考えると本当に恐ろしく思います。

また殺菌消毒のために塩素が含まれていることもよく知られているところですが、この塩素も濃度が高くなると人体に良くありません。

さらに塩素消毒を行う際に、発がん性のトリハロメタンを発生させてしまいます。

水質が汚染されている地域であればあるほど、塩素濃度を高くしなければならず、その分トリハロメタンも多く発生してしまいます。

このような有害な物質が毎日摂取し続ければ、人体に悪い影響を与えかねません。水は健康に欠かせないものですが、同時に有害物質も摂取しているとすればやはり問題です。そこで最近では様々な浄水器が販売され人気となっています。

フィルターの性能によって、除去できる物質のレベルが変わってきますが、高性能なフィルターを使った浄水器であれば、ほぼすべての有害物質を除去することが可能です。

様々な種類がある浄水器の中でも、いま手軽さで人気なのがポット型と呼ばれるタイプです。ポットの中にフィルターが入っており、水をそそぐとフィルターを取って下に綺麗な水がたまっていくという仕組みになっています。

水をそそぐだけという手軽さと価格の安さから人気となっており、2か月ごとに指定のフィルターを交換すればOKです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *