浄水器を比較して選ぶ

浄水器は非常に多くの種類があるために選ぶのに苦労している人が少なくありません。

種類で比較した場合、蛇口に取り付けるタイプと据え置きタイプ、そしてポット型タイプの3種類に大きく分けることができます。

手軽さではポット型タイプが人気があり、性能では据え置きタイプが一歩上を行きます。

浄水器の価格を比較した場合は、性能が高い分据え置きタイプが最も高額となり、蛇口取り付けタイプとポット型タイプがほぼ同程度の価格で購入可能ですが、蛇口取り付けタイプでもフィルターの性能によって価格が変わってきます。

塩素や鉛の除去だけでなく、塩素から発生する発がん性物質のトリハロメタンまでしっかり除去できるフィルターは最も格安なタイプのフィルターと比較すると倍近くも高くなります。

このように浄水器を選ぶ際には、フィルターの性能と形状の違いの2点を考慮して選ぶことになります。

また購入後はフィルターの定期的な交換が必要になるので、ランニングコストもしっかり考えておく必要があります。

なお、最近は格安のレンタルも増えています。定期的にフィルターが送られてくるために買いに行く手間がなく、しかも自分でフィルターを購入するよりも割安で購入できるケースが多いのが特徴です。

賃貸マンションなどでは、初めから蛇口に取り付けられており、後からフィルター購入の申し込みが届くという場合も少なくありません。

その場合は自分で浄水器を選ぶことができないので注意が必要です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *